気にするべきなのは利回りより空室リスク

マンション経営に興味があるなら、投資をおしまいにする可能性も予測しておいた方がいいでしょう。万一のことがあるとしても、なお資金的に心配がないようなら、マンション経営を始めてみてください。

不動産投資の採算について確かめたい時に、しばしば使用されているのは表面利回りであると考えられますが、経費などを加味する実質利回りならともかく、表面利回りでは儲けになるのかどうかを確実に見定めることはできないと思われます。

収益物件の良し悪しを判断するという際は、物件価格や利回りを注視しながら、入居する側からどう見えるかも考えるようにしてはいかがですか?別の言い方をすれば、生活感覚を大事にしないといけないということです。

マンションやアパートなどの収益物件をセレクトするにあたって見逃せないのは、築年数が何年なのかということです。建築後何年ぐらい経っているのかをしっかり見て、1981年に導入された新耐震基準をクリアした物件の中から選定すると安心ではないでしょうか。

「購入時に必要になる資金を考えれば始めやすい」と評価されている中古専門のマンション投資ではありますが、地方にあるものは候補から外すべきだと説明されることが多いのは、地方に建つ物件は入居者が見つからないというおそれがあるからでしょう。

先々の需要が期待できない地方では、まったく空室が埋まらないという危険性があって、順調なマンション経営は望めません。

マンション経営は注目を浴びていますが、空き室リスクの少ないマンションは一部の人気エリアに寄り集まっています。その内相場も上がり、ものすごく購入のハードルが上がると思われます。

万一に備えてというつもりでやり始めたマンション投資ではあるものの、収益をあげるどころか金食い虫になってしまうようなこともあるのです。

マンション経営が適切なものかどうかを見るために、年間利益を投資額で割って得られる利回りが用いられていますが、地方のマンションと都心部のマンションを利回りで比較するのはあまり意味がありません。利回りは当然ですが、やはり空室にならないのかどうかという視点をもたないといけません。

サブリース(一括借り上げ)契約をすれば、空室対策を考慮する必要がなくなるといったメリットがあると考えますが、賃料が見直されたり、メンテナンスが必要なときの費用はオーナーが支払う必要があるといったウィークポイントもあるということです。

サブリースは、不動産会社が借り上げた物件を又貸しすることにより、家主に定期的な収益を確約してくれます。しかし受け取れる金額は周辺の家賃相場の80%から90%とされているということです。

賃貸経営関係での要注意事項である空室対策は、不動産会社の人とその物件の家主が話し合うものですが、費用がかかるというデメリットを差し引いても改装を施すことが空室対策になるはずです。

不動産の賃貸経営をしている人は、一般的に入居者募集に関することであったり退去時の様々な手続き、もう一つ付け加えれば定期的な点検や必要な修理といった管理業務に関して、管理会社と契約を結んで外注しています。

不動産投資が軌道に乗れば、大抵の業務は業務委託した不動産会社にお願いできるため、目的としていた副収入につなげることができます。このようなことも、不動産投資に魅了される一つでしょう。

主要都市のあちこちで不動産関連業者により運営される不動産投資セミナーが頻繁に催されていて、そのほとんどが参加料も支払うことなく参加することができます。各会場とも受講者が多く、活気を見せています。

不動産投資は、じきじきに物件を調べた回数で勝敗が決すると言ってもいいでしょう。それを考えれば、当面はたいしたことのない物件が多くていらいらすることもあるかも知れませんが、とにもかくにも資料請求を行うということは意義深いことと考えられるのです。